自分の歯を大切にしよう

自分の歯を大切にするべき理由

あなたは、8020運動(ハチマルニイマルうんどう)という言葉はご存知でしょうか?

8020運動というのは、「80歳になっても、20本以上自分の歯を残そう」という目標の名称です。「80歳」と「20本」からとっているんですね。

これは、日本歯科医師会という全国規模の団体が推奨しているんです。

有名なので耳にしたことがある方も多いかもしれませんね。

自分の歯が20本以上残っていれば、その人は自分の食生活に、おおむね満足できるといわれています。

また、前述したとおり、自分の歯を大切にすることで、虫歯予防だけでなく、認知症予防にもなるなんて、とってもお得ですよね。

自分の歯を80歳まで残しておくためには、歯医者さんで定期健診をしてもらったり、虫歯予防に効果的な歯磨きの仕方を教えてもらったりすることが近道です。

病気予防の近道とは?

自分の歯を80歳まで残しておくことで、たくさんの良いことが起こることがご理解いただけたのではないかと思います。

歯医者さんで定期健診をしてもらったり、虫歯予防に効果的な歯磨きの仕方を教えてもらったりすることが、自分の歯を虫歯から守る近道です。

「いい年して歯磨き指導なんて恥ずかしい」と思われるかもしれませんが、年齢を重ねるにつれて、歯磨きの仕方を学ぶ機会は減ってしまうものです。

子どもの頃に教えてもらったことも、案外忘れてしまっているものですよね。
また、子どもと大人では歯の大きさも異なりますし、食生活など生活習慣にもかなり差があります。

気になることがあったら、気軽に歯医者さんに相談してみると良いですよ。


この記事をシェアする